デトックスウォーターで体の健康を取り戻そう

デトックスウォーターは今、欧米で人気となっているもので、フルーツや野菜やハーブを入れて作ったお水のことです。好きな食材を切って容器に入れて水を注いでやったら、あとは冷蔵庫で2時間から一晩程度冷やしておけばよいだけなので簡単に作ることができます。入れた食材の栄養素がお水に溶け出すため、美容面や健康面など自身の体に欲しい効果を持つ食材を自分なりにカスタマイズして入れることで、自分だけのオリジナルのデトックスウォーターを作り上げることができます。さまざまな食材を入れるようにすれば見た目もキレイですし、お水を飲み干した後も、1回か2回までは継ぎ足してまた同じ効果効能を持つデトックスウォーターを作り出すことができるので、お得です。

美容効果や風邪予防を願うなら、ビタミンCたっぷりの柑橘類を入れましょう。むくみ防止や疲労回復にはカリウムが豊富なきゅうりがぴったりです。アンチエイジングには抗酸化作用を持つブルーベリーやローズマリーが、ダイエットにはレモンやミント・しょうがやスイカがおすすめです。
ただの水ではなく、これらの食材の風味がほんのり溶け出した水のため、飲みやすいです。フルーツやお野菜のカラフルな色合いはかわいらしく、おしゃれなボトルに入れれば机に置いていても持ち歩いても、様になります。おしゃれに手軽に美しくなれるのです。

さまざまな食材を入れた水なので、蓋をきちんと閉めて冷蔵庫にて保管しましょう。特に香りが薄い食材なら最低でも6時間置いてから飲むようにし、24時間以内にかならず飲みきるようにしましょう。
配合によっては独特な味で飲みにくかった場合には、炭酸水を入れたり少量のはちみつを加えるようにすると、風味が変わって飲みやすくなるでしょう。とにかく毎日続けることが大切なので、調達しやすく飲みやすい食材選びをしましょう。

デトックスウォーターで身体の健康とキレイの効果を得るためには一つの食材のみでなく、複数組み合わせた方が効果が高くなりますし、見た目もおしゃれです。

それだけでは違和感のあるきゅうりも、レモンとオレンジとミントとあわせると代謝力アップしますし、ミントとパイナップルプラスだとパイナップルの甘味が更に飲みやすさにつながります。こちらのレシピだとデトックス効果だけでなく高血圧予防にもつながります。

夜寝ている間は水分補給することができないため、夜は睡眠不足に陥りやすいです。そのため寝る前や起きてすぐにデトックスウォーターを飲むようにすると、より体に吸収されやすくなります。
飲むことで体から水分を排出してむくみ予防やデトックスに繋がりますが、飲みすぎは逆にむくみの原因となってしまいます。1日の摂取量は1.5リットルから2リットル程度までにしておきましょう。
果物やお野菜の栄養成分をたっぷりと水に溶け込ませるためにも皮付きのまま入れるのが基本です。ただ、農薬が付着していては逆に身体のトラブルを招く結果となってしまいます。無農薬のものを用意するか、それが無理ならしっかり水洗いしてから入れるようにしましょう。

ただなんとなく好きなフルーツや冷蔵庫にあったお野菜を入れているだけでは必要な結果を得られない場合もあります。インターネットを見てもいくらでもデトックスウォーターレシピは載っています。まずは自分が望む結果を出せるレシピを探し出し、基本に忠実に作って毎日飲むようにしましょう。ある程度続ける中できちんと勉強し、分かってきてから自分だけのオリジナルデトックスウォーターを作り出すようにしましょう。

デトックスウォーターは、一度に飲みきるのではなく、24時間以内には飲みきることを心がけ、少量ずつこまめにとるようにしましょう。

小宮生也とグルメと健康