健康にも体にも良いデトックスウォーター

最近話題になっているデトックスウォーターという飲み物をご存知でしょうか。これは、ミネラルウォーターに自分が好きなフルーツか野菜を一緒に漬けておくだけで簡単に作れる飲み物です。作り方がシンプルな上に、美容にも最適なことから海外でも大人気になりました。
デトックスウォーターとは、水とフルーツまたは野菜を使って作ることができるフレーバーウォーターなので、砂糖も使いません。フルーツや野菜自体を食べる訳ではなく、風味だけが付いた水を飲むことになりますので、カロリーもあまり気にならず、美容にも健康にも良い効果を期待できると日本でも人気になってきています。
ダイエットをしていて、水分をたっぷり摂りたいけれど、普通の水をそのまま飲むは苦手と感じる方も、美味しく飲み続けることができます。フルーツや野菜には、沢山のビタミンCが含まれています。水に溶ける性質があるビタミンCは、フルーツと野菜を水に漬けておくと徐々に水に溶け出してくるので、デトックスウォーターなら効率的にビタミンCを摂ることができます。
また、美肌作りなど美容効果を得たいなら、ベリー系のフルーツを浸けてみたり、むくみが気になっている人はカリウムが多く含まれるきゅうりを入れると効果的です。それぞれの悩みによって使う食材を変えていけば、今抱えている悩みに優しく作用するデトックスウォーターが作れます。
このウォーターは、食材の成分が溶け出た水を飲む方法になるので、使用する材料については可能な限り新鮮なもの使うのがポイントです。さらに、レモンのように、皮が付いたままで使う食材は、国産の方が安心して使えます。デトックスウォーターによく使用される果物には、レモンやりんご、オレンジ、ベリー系などが挙げられます。野菜には、きゅうり、ニンジン、セロリの葉などがよく使われます。

体への健康効果が期待できるデトックスウォーターを作る場合は、まず最初にフルーツと野菜を念入りに洗います。皮ごと入れる材料は、塩を付けてよく洗いましょう。一口大に材料を切り、容器に入れますが、水に触れる面積が多いと味が移りやすいため、キュウリ、レモン、オレンジなどの材料は輪切りがお勧めです。
水は、ミネラルウォーターだけでなく炭酸水も使えます。レモンまたはミントを入れる場合には、炭酸水で作れば一層美味しくなります。何時間か寝かせておくと、微炭酸になりますので、炭酸は苦手という方も飲みやすくなります。炭酸水を使うなら無糖を選びましょう。容器に水を入れたら冷蔵庫で数時間寝かせます。できるなら一晩寝かせるか、早い時も4時間程度寝かせます。完成したら、デトックスウォーターをそのまま飲めますし、蜂蜜などを入れて甘くしてから飲む方法もあります。
飲み終わったら、容器に再度水を足して飲むことも可能です。ですが、生のままフルーツや野菜を使用しますので、長い時間経っているウォーターはお勧めできません。また、何回か水を足すと、野菜と果物から成分と香りがほとんど出てしまい、味も無くなってきます。水を2回か3回前後替えたら、また作り直す方が良いでしょう。
中に入れたフルーツや野菜は、味が無くなるので捨てても構いませんし、別の食材と一緒にミキサーでスムージーにすることもできます。フルーツや野菜を漬けておくボトルは、容器の口が大きめで、中身が見える透明タイプが最適です。特に人気が高いのは、海外ブランドの保存容器です。蓋をしたらそのまま冷蔵庫に入れて冷やすこともでき、ストロー付きを選ぶと持ち運びにも便利です。
もちろん、サイズがもっと大きい容器を使って作っておき、グラスに分けて飲むことも可能です。生の状態のフルーツや野菜を入れるので、衛生面を考慮して密閉がしっかりできて洗いやすい保存容器を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です